チャンピックス。病院処方と通販の価格比較

禁煙には離脱症状が伴うことから中途で脱落してしまう人も多くいましたが、最近ではそうした症状を抑えるチャンピックスという薬を服用することで、禁煙に成功する人が多くなっています。
日本初の経口禁煙治療薬として話題になったチャンピックスですが、禁煙外来に行くとほとんどの場合これが処方され、医師の指導の下、決められたスケジュールにそって服用することで高い効果を上げています。このチャンピックス、実は通販でも購入が可能なのですが、病院と通販とでは価格にどれくらいの差があるものなのでしょうか。
病院で処方を受ける場合、条件によって保険適用になるケースとならないケースがあり、当然価格も違ってきます。保険適用になる条件としては、ニコチン依存症診断テストで5点以上になること、1日の平均喫煙本数とこれまでの喫煙年数を掛け合わせて200以上になること、1か月以内に禁煙を開始する意志があること、禁煙治療に文書で同意すること、以上の4点があります。これに該当しない場合は自費治療となります。なお、一度治療に失敗して再チャレンジする場合、前回の治療から1年以上経過しないと自費治療になります。
チャンピックスを使用した治療は12週間となっています。通販の場合は薬代のみとなりますが、病院治療の場合は診療費もかかるので注意が必要です。そのうえで比較すると、もっとも安いのが保険適用の病院治療で、通販での購入にはその約2倍の費用がかかります。ただし自費治療の場合は通販の約1.5倍となるので、保険適用を受けられない人の場合は通販で購入するほうが安くすむということになります。チャンピックスは、自己使用であれば、通販では医師の処方箋がなくても購入することが可能です。
↓おすすめ禁煙補助薬
チャンピックス@通販
禁煙したいならニコテックス